AGA治療にかかる費用はいくら?

AGA治療にかかる費用

AGA治療には、専門クリニックに通院して症状を改善していく方法と、個人輸入で薬を入手して自己判断でおこなう方法とあります。安心で効率的な治療ができるのは前者の専門クリニックに通う方法ですが、費用の面からいうと後者の個人輸入の方が安上がりとなります。ですが、すべて面において自己責任となりますので、リスク面がとても大きいといわざるをえません。また、違法な業者もいるので、偽物をつかわされたりお金を払ったのに送ってもらえない…なんてトラブルも。
費用は安いがリスクは高いという状態です。

専門クリニックや一般病院でおこなうAGA治療には、薬以外にも最近注目されているメソセラピー植毛と、症状に合わせた治療法がいくつも用意されています。さらに血液検査DNA検査など、医学的根拠に基づいた治療が受けられるのは心強いものとなります。知識も十分持っている医師がサポートするのですから、より的確に自分の状態を把握することができ、かつ効率的に治療をカスタマイズしていくことが可能です。

薬の治療では、外用薬のミノキシジルと内服薬のフィナステリドが定番となっています。
どちらも副作用が確認されているので、使用には注意が必要。

メソセラピーは最近じわじわと広がってきている治療法で、薄くなった部分にレーザーや注射で薬剤を頭皮に注入し皮膚に吸収させる方法で、植毛には人工毛を使う人工植毛と、自毛を使う自毛植毛とあります。

自毛植毛は薄毛を改善する最後の手段ともいわれるもので、その費用は生やしたり面積により異なります。
ただ、前髪などでも30万~50万といった大きな金額がかかり、範囲が広くなると100万を簡単に超えてしまいます。

さらに、AGA治療は病気治療ではないので健康保険が適用されません
すべて自己負担となります。
一部、病気治療の一環としておこなっている場合には健康保険が適用されるものとなりますが、基本的には美容外科となるので未適用です。
そうしたところから、個人輸入に頼ってしまう人も少なくないものとしています。
AGA治療は1回で終わるものではなく、継続して定期的に通う事で改善されていきます。当然、毎月の薬代もかかってきます。

AGA治療は健康保険が適用されない自由診療なので、クリニックによって費用もバラバラです。
個々の状態によってどれくらいの治療期間になるかはわかりませんが、長期間の治療と毎月コンスタンスにお金が出ていくことを把握し、その分を確保できるクリニックを選ぶようにしましょう。

AGA治療にかかる費用はいくら?

↑ PAGE TOP