AGA治療にかかる費用はいくら?

AGA治療に健康保険は適用されない

クリニックなどでAGA治療を受ける場合、健康保険が適用されません
AGA治療は大きく分けてプロペシアなどの飲み薬、ミノキシジルなどの塗るタイプの育毛剤、植毛、発毛注射とありますが、どれも厚生労働省が定める医療保険が適用される治療に含まれていないのです。

AGA治療は美容整形と同じ分類になっており、健康に関わるものではないとして健康保険適用外とされているのです。そんな4つのAGA治療にかかる費用は、それぞれ異なっています。

飲み薬、例えばプロペシアであれば1カ月で5,000円~8,000円ほど。
ただ、ジェネリックを使えばかなり安くなります
ジェネリックにはエフぺシアやフィンペシア、フィンカー、フィナロ、フィナバルドなどがあります。

塗り薬では、一般的に多く使われているのは「リアップ」や「ロゲイン」。
リアップは1カ月で7,000円~8,000円で、ロゲインはちょっと使い方が面倒な事もあり2,500円程度となっています。

植毛では本数で値段が変わり、また人口植毛なのか自毛植毛なのかでも変わってきます。例えば、1,000本の植毛をした場合、300,000円~1,500,000円程と高額になります。

安全に効率的にできる安い方法は

AGA治療では、一番に安くなるのは通販による薬です。
通常、薬を処方してもらうには診察料がかかってきますが、通販ではそれがないので、薬代に差はなくてもそこで大きな差がつくものとなるのです。
ただ、デメリットとしては適量がわからないだけでなく、自分の症状の改善に役立っているかどうかも定かではないということ。

安全性や確実性を考えるのであれば、やはり病院で治療するのが一番。
安く抑えるには、病院選びが大事なポイントとなります。

AGA治療をする病院には、専門とするクリニックだけでなく、ほかの取り扱い分野もある一般病院とに分かれます。
1カ月にかかる費用を比べると、専門クリニックは15,000円~30,000円程となっており、一般病院は10,000円~15,000円と大きく差があるのです。

値段がこうも大きく違うのは、やはり診察内容に差があるからです。
専門病院の場合は、毛髪を増量することを目的としていますが、一般病院はAGAがこれ以上進行しないようにすることを目的としています。
一番に優先する目的が違うと治療方法も診療頻度も異なりますので、値段も違ってくるのです。

一番安くて安全性もあるのを選ぶなら一般病院からもしれませんが、より専門的な知識を求めるのであれば専門クリニックのほうが、1カ月単位ではなくトータル的に考えたときに安くなる可能性が大なのです。

その治療費!もしかしたら医療費控除になるかも!?

AGAの治療は、基本的に医療費控除が適用されません
ただ、精神的な事から、もしくは病気治療の一環としておこなっている場合は別。
税務署および税務署職員が認めることで医療費控除を使う事が可能となります。

また、一例として、1年間に受診した診療費や薬代などが合計10万円を超えた場合は税金分が返ってくることもあります。自由診療だから医療費控除が使えないと決めつけないで、まずは住んでいる地域を管轄する税務署に相談してみましょう。

AGA治療にかかる費用はいくら?

↑ PAGE TOP