AGA治療にかかる費用はいくら?

安く入手できる個人輸入

AGAの治療薬を購入するには、日本では医療機関を受診して医師に処方してもらう必要があります。でも、海外では自由に販売されている為、個人輸入といった形で購入することもできます。手軽に購入できる方法がネットで簡単にできるようになった事からも、最近では医師による処方ではなく個人輸入による購入が増えてきています。

なぜ医療機関できちんと処方してもらわないで個人輸入に頼ってしまうのかというと、個人輸入した方が安く手に入るからです。プロペシアを例に挙げると、病院で1か月分を処方してもらうと大体5,000~7,000円ほどかかり、それに診察料などが加算されます。個人輸入でも似たような金額、もしくは多少は安くなりますが、診察料などがかからない分安くなるのです。

個人輸入の危険性

安いといった理由で購入し服用することには、さまざまなリスクがあります。
まず、AGA治療薬には副作用があることが確認されており、医師の指導の元で服用しないと副作用の発症率も高くなります

また、個人輸入代行業者の中には、偽物や粗悪品を買わせる悪質な業者もいます
見た目ではまったくわかりませんが、配合成分が違ったりするのです。
最悪、お金だけ受け取って送ってこない業者もいます。こうしたトラブルを避けるためにも、信頼できる個人輸入代行業者を見つけなくてはいけません。

信頼できる個人輸入業者を見つけるには、インターネットの口コミなどで評判の良い業者を探すか、周囲に購入経験者がいれば話を聞いてみるのもいいでしょう。とはいえ、どんなに気を付けていても、絶対に騙さないといった保証はありません。それに、たとえ信頼できる個人輸入代行業者から購入することができたとしても、副作用が起こらないといった保証はないのです。症例でも認められていることもあり、医師の診察の元で服用を決めたほうがより安心。個人輸入は何が起こるかわかりませんし、起こってしまったらすべて自己責任です。

そもそも、AGA対策は薬を飲めばいいという話ではありません。個々の進行具合に合わせた治療が必要なわけで、薬の量や組み合わせなども診察で特定していきます。血液検査などで、薬がどの程度効いているかも調べられます。

個人輸入では、こうした詳しい判定が不可能。自分の症状に合わせた治療を施すためにも、医師と一緒に対策を考えていった方が効果はもとより安心です。副作用といったリスク面から考えても、だいぶ違ってくるでしょう。

AGA治療にかかる費用はいくら?

↑ PAGE TOP